レンタルオフィスも立派な賃貸オフィスです!

保証金や引越し費用など初期費用には何が必要?

オフィスを選ぶ時には初期費用がどれだけ掛かるのかを把握しておく必要があります。一般的な賃貸オフィスでは物件を借りる時には、前家賃を初め、家賃1年分などの保証金、仲介業者に支払う仲介手数料などが必要です。仲介手数料は家賃の1か月分を上限などのように決まっていますが、家賃が高いオフィスを借りた時の費用は高額なものになります。また、賃貸オフィスの初期費用には、机や椅子などの購入費用を始め、電話回線工事や電気工事なども必要になりますし、コピー機にビジネスフォンなど様々な導入費用を用意しておく必要があります。そのため、賃貸オフィスを借りる時には初期費用と言う大きな括りになるお金を用意しておき、それの内訳をリスト化しておかなければなりません。

レンタルオフィスの場合には初期費用を大場に削減可能

レンタルオフィスも賃貸オフィスに含まれるものですが、レンタルオフィスには一般的なオフィスを借りる際に掛かる仲介手数料が要りませんし、保証料も仲介物件などと異なり、少額な費用で済みます。入居審査を受けて通過すればすぐに契約を結ぶ事が出来、コピー機はレンタルオフィス内に用意してあるものを使えるので、入居後にコピー機を導入する必要もなければ机や椅子など仕事に必要なものを買い揃える必要もないのです。また、貸し会議室などの設備を持つレンタルオフィスを選んでおけば、会議やミーティングを行う時には会議室をキープしておけば良いですし、一人で事業を進める場合には、秘書サービスや電話代行サービスなど、ビジネスに便利なサービスの利用が出来るようになっています。

賃貸オフィス 中央区を選ぶときに大切な条件は、人によって異なります。予算や広さ、さらには交通アクセスの良さなどの点から自分にとって良いオフィスを選びましょう。