防音性能の高い物件はどれ?

せっかく新生活を始めても、隣の住民がうるさかったりすると新生活も台無しです。物件探しをするときは部屋の間取りだけでなく、建物の防音性もきちんとチェックしておきましょう。

アパートには木造や鉄筋など様々な建築構造がありますが、もっとも防音性の高い建物は鉄筋コンクリートです。逆に一番防音性が低いのは木造建築です。

ただ、鉄筋コンクリートであれば、必ずしも防音性が高いとは言えません。窓の構造や配置によって防音性が低くなってしまうこともあるので、実際に住んでみないとわからない部分もあります。騒音は壁だけでなく窓から入ってくることが多いので、物件の見学に行くときは窓の構造もよくチェックしておきましょう。二重窓だったり厚いガラスであれば、外の騒音はほとんどカットできます。

周辺環境の騒音にも注意!

物件探しをするときは、周辺に幹線道路や駅、学校や飲食店などがないかチェックしておきましょう。せっかく防音性の高い物件に入居しても、周りの環境が騒がしかったら意味がありません。線路や幹線道路に面した物件だと、朝から夜まで騒音に悩ませることになります。

駅近物件にも注意が必要です。駅近物件はアクセスがいい反面、朝晩は人が集まるのでどうしても騒がしくなります。

近くに学校があると、日中騒がしくて集中できない場合があります。

物件の見学に行くときは周辺を歩いて見て、騒音が出そうな建物がないかどうかチェックしておきましょう。入居した後に後悔しないよう、周辺環境を事前によくチェックしておくことが大事です。

琴似の賃貸には新築一戸建てやファミリー向け独り暮らし向けマンション、ペット飼育が可能な物件などがあります。