別荘地のメッカ・軽井沢には安く素晴らしい中古物件も多数

軽井沢の立地環境とは

軽井沢町は長野県の東端に位置する高崎付近のリゾート地です。近距離にある高崎エリアと軽井沢エリアの間には山脈があるほか、基本的な平地の標高も1000m近い高原地帯にあるため、温暖な高崎とはまったく違う気候であることが特徴です。そして、越後湯沢同様に東京から向かうと新幹線や高速道路利用ですぐ着くのにトンネルを抜けた先には首都圏とはまったく違う世界が待っているため、首都圏の人々の間で高い人気があります。

別荘地がたくさんある軽井沢

そんな軽井沢エリアは大小様々な別荘地が点在しており、その数は30か所以上になります。そのため、別荘の数も東日本各地の別荘密集地の中でダントツで、それに比例し、販売されている新築・中古別荘もダントツの多さです。

中古ならお買い得物件も見つかる

そのうち、新築物件や建物・敷地の面積が高いものは、相当高額な価格で売り出されています。一方で中古別荘で、敷地面積が狭めの物件や建物自体が小さかったり古い物件に関してはかなり破格の魅力的な金額で売り出されています。なお、敷地が狭いと言っても自宅エリア内でも森林浴を十分満喫できるような物件ばかりです。そして隣の家との距離が基本的に遠いので、都心の家に住むのと違い、テレビや音楽・楽器の騒音問題を特に気にせずに生活できます。

都心に家がある向けのおすすめのライフスタイル

東京都心に住む会社員のかたが軽井沢に別荘を買う場合はまず、都心の新幹線停車駅付近に住むのがおすすめです。そして、毎週ではないにしろ必要な荷物を会社に持ち込み、金曜日夜の退社後に新幹線で軽井沢に向います。そして日曜日の夜まで軽井沢を満喫して心をリフレッシュさせ、月曜日の早朝に軽井沢から朝一番の新幹線に乗って朝8時前に東京に戻ってくる形が特におすすめです。

中古の別荘は、全国のリゾート地を中心に多数の物件が存在し、不動産会社のサイトなどを通して情報収集が可能です。